【HSP】疲れやすいあなたのための「刺激への対処法」

どうも。こまつなです。

皆さんは、「わたし疲れやすいかも」って感じたことはありますか?

こまつなのアイコン画像こまつな

わたしはすごく疲れやすくて、どうしてこんなに疲れやすいんだろう…とずっと悩んでいました。

HSPという概念を知ってから、

敏感だから受け取る情報量が多すぎて疲れているんだ!

ということを知り、自分が疲れやすい原因がわかりました。

そこで、今回は、

ついつい外部の刺激を受け取ってしまうHSPさん向けに、

「五感別」の刺激への対処法をご紹介していきます!

同じHSPさんでも、五感のうちどれが敏感かは個人差があるので、

自分が特に敏感だと思う五感の対処法を参考にしてみてください!

目次

「五感別」刺激への対処法

視覚

人が多いところが苦手、

モノがあふれているところが苦手、

目がちかちかするような内装のところは苦手…など

視覚からの情報で特に疲れてしまう方がいます。

わたしも視覚は敏感なほうで、

目に入る情報量が多すぎると気持ち悪くなることがあります。

そんな方におすすめの対処法はこちら。

  • 眼鏡をはずす
  • 伊達メガネをかける
  • 照明の明るさを調節する

眼鏡が外せる場面では眼鏡をはずす、

眼鏡やコンタクトの度を落とすなど、

「目を見えにくくする」ことによって刺激を避けています。

逆に視力のいい方は眼鏡をかけることで

視界を狭めて見える範囲を狭めることができるので効果的です(^^)

また電気が明るすぎてきつくなるという方は、

明るさの調節ができる場所ではなるべく明かりを弱くしておくのがいいでしょう。

聴覚

ちょっとした物音にびくっとしてしまう、

小さな音が気になって眠れないことがある、

激しい音楽は苦手という方は、

聴覚が特に敏感な方です。

私もバスの運転手さんの声が大きすぎて気分が悪くなったり、

冷房の音が気になって眠れないことがあります。

そんな方におすすめの対処法がこちら。

  • ノイズキャンセリングイヤホンを使う
  • 耳栓を持ち歩く
  • イヤホンで好きな音楽を聴く

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンは便利ですよね。

どこにいてもイヤホン一つで騒音を軽減することができます。

耳栓は100円ショップでも売っているので手に入れやすいですね。

最近は話し声だけ聞こえてそれ以外の音は遮断する、

みたいな高性能な耳栓もあるみたいなのでいろいろ見てみるのもいいかもしれません(^^)

触覚

五感の中で触覚が敏感な方もいます。

洋服がごわごわしていると気持ち悪いとか、

洋服のタグが気になってしまう…など洋服の悩みが多いと思います。

そんな方におすすめの対処法がこちら。

  • 洋服の素材を観て購入する
  • 自分に合った素材を知っておく
  • 洋服のタグは切ってしまう
  • 肌の露出を避ける

洋服の素材はわたしは綿素材のものを選ぶようにしています。

汗の吸収もよく、肌触りも柔らかくちょうど良いので、とても好きです。笑

特にユニクロの綿100パーセントのTシャツにはめちゃくちゃお世話になってます(^^)

レーヨンやポリエステル素材のものは

つるつるして肌触りはいいですが、

汗の吸収が悪く、時間が経つとわたしは気持ち悪くなってしまいます。

このように自分の好みがあると思うので

いろんな素材のものを試してみて、

自分が心地よく着られる素材を選んでみてください(^^)

洋服だけでなくベッドのカバー類やカーペット、

ひざ掛けなどの素材も自分好みのものを選ぶと

ぐっとストレスが減りますよ。

嗅覚

香水のきついにおいがすると気分が悪くなる、

ニオイに気分が左右されやすいなど

嗅覚が敏感な方もいますよね。

私も香水の匂いがきつい人がそばにいると

頭がくらくらして気分が悪くなることがあります。

そんな方におすすめの対処法がこちら。

  • 自分のすきな匂いの香水をつける
  • アロマをたく
  • マスクをする
  • 消臭力の高い洗濯洗剤を使う

すきな匂いがある方は

その匂いの香水やハンドクリーム、

ボディクリームなどを使うと気分が上がったり、

リラックスできていいですね(^^)

アロマもリラックス効果があると言われているので、

寝る前など落ち着きたいときにアロマをつかってみるのもいいかもしれません。

無臭が一番!という方は洗濯洗剤にこだわって、

消臭力の高いもの、自然な香りがするものをえらぶのがおすすめです。

味覚

食品に入っている成分によっては気分が悪くなる、

舌がピリピリするという方がいます。

自分はあまり意識したことがなかったですが、

確かにファストフードをたくさん食べると気分が悪くなって、

健康的でシンプルな食事をとりたくなることがあります。

舌やからだが敏感に反応しているのかもしれません。

そんな方におすすめの対処法がこちら。

  • 刺激の強いものは食べない
  • 添加物が少ないものを選ぶ

極端に辛いものや酸っぱいものといった

刺激の強いものは避けるようにすると、

気分が悪くなるのを避けることができます。

また、何か買う時は添加物の入っていないもの、

少ないものを選ぶといいかもしれません。

加工された食品ではなく、

素材や原材料を買って調理するといいですね(^^)

ただ毎日調理するのは大変ですよね…

気分が悪いなと感じたものは次から避けるなど、

自己理解を進めていくことも大切です(^^)

おわりに

今回は五感別に刺激への対処法を紹介しました。

五感すべて敏感ですという人もいれば、

聴覚と嗅覚が特に敏感で…という方もいるかもしれません。

敏感さには個人差のあるものなので、

一番敏感だと思うところから対処してみてはいかがでしょうか

こまつなのアイコン画像こまつな

みなさんがストレスなく日常生活を過ごせますように(^^)

こまつなってどんな人?

私のこれまでの過去の歩みを洗いざらい書いています。詳しいプロフィールはこちらから読めます↓↓

>>こまつなの自己紹介

 

こまつなとお話しませんか?

こまつなのLINE公式アカウントはじめました!LINEではお悩み相談を受け付けています。

こまつなとお話してみたい、
相談を聞いてもらいたいという方は
「お話ししたいです」とトークルームの方にお送りください(^^)
個別に対応させていただきます。

不定期で生きるのがちょっと楽しくなる情報も届きます✨

>>こまつなの公式LINEはこちら

↓こちらをクリックしても飛べます

友だち追加
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

21歳女子大生。
HSS型HSP。アダルトチルドレン克服。
2度のうつ病から立ち直る。

現在は心理学を学びながら、Twitter、ブログ、スタエフで生きるのがちょっと楽しくなる情報を発信中です✨

LINE公式アカウントではお悩み相談にのっています。
なんとなく誰かに話を聞いてもらいたい、そんな方も大歓迎です(^^)お気軽にご連絡ください。

夢は、生きづらさを抱えている人が「生きていて本当によかった」「人生楽しい!」と思えるようなお手伝いをすること。ありのままの自分で人生を楽しめる人を増やしたい。

目次
閉じる