カウンセラー直伝。自己肯定感を上げる方法

こんにちは。

こまつなです。

今回は自己肯定感を上げる方法についてお話しようと思います。

目次

はじめに

ズバリ結論からいうと、

自己肯定感を上げる方法、それは、

「自分の意見を人に受け入れてもらう経験を積むこと」です。

ねこさまのアイコン画像ねこさま

ん???どういうこと???

……うん、これだけじゃどういうことかわからんですよね。笑

今回は、自己肯定感が低くなってしまう原因と合わせて

自己肯定感を上げていく方法を

もうちょっと詳しく解説していきます。

そもそもなんで自己肯定感が低くなってしまうの?

自己肯定感が低い原因は、人に認められた体験が少ないことにあります。

私も以前は自己肯定感どん底人間でした。

誰かに面倒ごとを押し付けられても断れず、

行きたくない遊びのお誘いも断れず、

誰かが損するくらいなら自分が損したほうがいいなんて考えているくらい

自己肯定感がほんっとうに最底辺でした。

なんで低いのかを考えた時に、

私はあまり人から認められたことがなかったんですよね。

小さい頃は両親にかまってもらえなかったので、

そもそも認めてもらうという経験をしてこなかったし、

学校にいっても、なかなか友達に馴染めず、

無理をして周りに合わせる毎日でした。

だから私は、

人に認めてもらった経験がほぼない

&自分から何か意見を言ったことがない状態だったんです。

そりゃ自己肯定感も低くなります。笑

自己肯定感というのは成長する段階で、

認められたという成功体験により本来自然と育っていくものです。

「○○がやりたいんだけど」→「いいね!やりなよ!」

「○○をがんばったんだ」→「え!すごいじゃん!」

「疲れたから休みたい」→「そっか、ゆっくり休みなね」

このように、自分の意見に対して、

肯定してもらう、認めてもらうという経験をたくさん積むことで

自分は自分のやりたいことをやりたいときにやっていいんだ。

言いたいことを言っていいんだ。

という自信がつくんです。

これが自己肯定感に繋がるんですね。

自己肯定感を上げる具体的な方法

たとえいま以前の私のように自己肯定感が最底辺レベルでも、

自分の意見を言う→肯定してもらうという体験をたくさんつめば、

今からでも自己肯定感をあげることは全然可能です。

わたしもこの方法でちょっとずつ自己肯定感を上げていきました。

実はこれ私が初めてカウンセリングを受けた時に、

カウンセラーさんに教えてもらった方法なんです(^^)

なので今回は、この自己肯定感を上げる方法を2ステップに分けてご紹介しようと思います。

ステップ1:自分が食べたいものを伝えてみよう

いきなり自分の意見を言うって、自己肯定感低い人にとってはきつくないですか?

わたしも、最初ひええって感じだったんですよ。笑

だから最初は「自分の意見」のハードルを下げてみましょう。

例えば、誰かとご飯を食べに行くときに、

「何食べにいく?」って話しますよね。

このときに、

自分がお肉を食べたかったら、「お肉食べたいな~」って言ってみる。

中華の気分だなっておもったら、「中華がいいな~」って言ってみる。

これだけです。

これでもハードル高いなって感じる人いるかもしれないけど

ポイントは、「お肉食べに行こう!」じゃなくて「お肉食べに行きたいな~」と

自分の意見をつぶやくことです。

これだったら、「え~私は魚がいいな~」って相手に言われたとしても、

こっちはただのつぶやきなんで。笑

否定されたことにはならないですよね。笑

「じゃあお肉料理も魚料理もあるところにいこうか」とか

「じゃあ今回は魚にして次回はお肉にする?」ってなるだけです。

まずはちょっとしたことでいいから、自分の意見をつぶやいてみる。

それで「お、いいね。お肉食べよっか」と認めてもらう経験をつんでいきましょう。

私も以前は食べたいものとかあっても言えなくて、

「なんでもいいよ」って言ってたんですけど

これを繰り返しているうちに、

ぱっと「お肉食べたい~」って言えるようになりました(^^)笑

例としてごはん行く時を上げましたが、それ以外でも

普段のちょっとした会話の中で、

自分のちょっとした意見を伝えてみる。

を意識してみてください(^^)

例えば、

「コンビニ行くけど何かいる?」
→あなた「コーヒーが欲しいな~」

みたいな感じです(^^)

ステップ2:行きたくないお誘いを断ってみよう

ステップ2はですね~

お誘いを断ってみる。

です。

こまつなのアイコン画像こまつな

ひえ~格段にハードルがあがった~~~

ステップ1に比べるとだいぶハードル高めですが、

これができるようになると、自己肯定感がかなりあがります。

お誘いを断るというのは「行きたくないです」

という自分の意志表示をするということです。

「わたしは遠慮しておきます」→「え、そうなの?残念だけど、、わかった!」

と、これも立派な認めてもらうという経験になります。

あ、もちろん行きたいお誘いは断らなくていいですよ(^^)笑

行きたくないなと思った時に、自分の意見を優先してちゃんと断る。

最初は罪悪感があるかもしれませんが、

(わたしも罪悪感にさいなまれてうわ~~っていいながらベッドにごろごろ転がってました。笑)

でも自分の行きたくないという気持ちを自分が受け入れてあげたことにもなるので、

すごく安心するんですよね。

あ、私ちゃんと断れた。もういやいや行かなくていいんだ。

そう思った時に、

胸の奥からふわあってあったかいものが溢れてきました。

自分の意見が認められたときって、心の内からエネルギーが湧いてくるんです(^^)

この経験を何度も繰り返していくうちに、

自分の意見を相手に伝えるのは当たり前になっていきますし、

自分の意見を自分が受け入れてあげる、大事にしてあげるのも当たり前になります。

自分の意見を伝えることを習慣化してしまうことがポイントです。

おわりに

今回の内容をまとめると、

自己肯定感が低いのは人に認められた経験が少ないから。

だから、自分の意見を言う→人に認めてもらう経験をたくさん積もう。

自己肯定感を上げる2ステップ

ステップ1:自分の食べたいものを伝える

ステップ2:行きたくない誘いを断る

この2つを意識して、だまされたと思って一か月過ごしてみてください。

自己肯定感が上がったなと感じるまではもっと時間がかかるかもしれませんが、

それでも、一か月やるだけでも変わってきます。

自己肯定感を上げるためには自分で自分を認めましょうってよく聞きますが、

実際問題それが最初からできたら苦労しないんですよね(-_-;)笑

なので最初は小さなことでいいから人に認めてもらう経験をする。

そこで得た自信によって自分を自分で認めてあげられるようになるんです。

まずは自分の食べたいものをつぶやいてみる。

小さなことからちょっとずつ始めてみてください(^^)

こまつなのアイコン画像こまつな

みなさんの自己肯定感が上がりますように!

こまつなってどんな人?

私のこれまでの過去の歩みを洗いざらい書いています。詳しいプロフィールはこちらから読めます↓↓

>>こまつなの自己紹介

 

こまつなとお話しませんか?

こまつなのLINE公式アカウントはじめました!LINEではお悩み相談を受け付けています。

こまつなとお話してみたい、
相談を聞いてもらいたいという方は
「お話ししたいです」とトークルームの方にお送りください(^^)
個別に対応させていただきます。

不定期で生きるのがちょっと楽しくなる情報も届きます✨

>>こまつなの公式LINEはこちら

↓こちらをクリックしても飛べます

友だち追加
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

21歳女子大生。
HSS型HSP。アダルトチルドレン克服。
2度のうつ病から立ち直る。

現在は心理学を学びながら、Twitter、ブログ、スタエフで生きるのがちょっと楽しくなる情報を発信中です✨

LINE公式アカウントではお悩み相談にのっています。
なんとなく誰かに話を聞いてもらいたい、そんな方も大歓迎です(^^)お気軽にご連絡ください。

夢は、生きづらさを抱えている人が「生きていて本当によかった」「人生楽しい!」と思えるようなお手伝いをすること。ありのままの自分で人生を楽しめる人を増やしたい。

目次
閉じる